予防

下肢静脈瘤の予防

下肢静脈瘤の原因

足(下肢)の血液は静脈を通って心臓に戻っていきます。
そのため、静脈には血液が重力に負けて下肢に逆流しないための薄い膜のような弁(静脈弁)がついています。 しかし、これが 立ち仕事、妊娠などで静脈に強い圧力がかかることによって弁が壊れると、血液の逆流が始まり、太くこぶのようにふくらんだりします。これが下肢静脈瘤です。

このような理由から、下肢静脈瘤を予防する為には、以下の予防方法がございます。

下肢静脈瘤の予防方法

・立ったままなどの状態を長時間続けることを避ける。

・仕事柄、立ち仕事の多い人は、できる限り歩いたり下肢を動かし、意識的に足踏みや膝の屈伸運動などを行い、足の血行を良くするようにする。

・休憩時間や家事の合間に、5〜10分程度、足を上げて休む(できれば心臓より高い位置に上げる)か、歩き回るなど筋肉を使い血行を良くする。

・医療用の弾性ストッキングを着用する  等・・・。

※予防については随時更新いたします。

このページの先頭へ