下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)とは?

足(下肢)の血液は静脈を通って心臓に戻っていきます。
静脈には血液が重力に負けて下肢に逆流しないための薄い膜のような弁がついています(図1)。

しかし、これが 立ち仕事、妊娠などで静脈に強い圧力がかかることによって弁が壊れると、血液の逆流が始まり、太くこぶのようにふくらんだりします(図2)。

これが下肢静脈瘤です(図3)。
下肢静脈瘤は静脈のふくらみのほかに、足がおもい・だるい・疲れやすいなどといった症状をひきおこします。

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)
このページの先頭へ